合宿免許で必要な持ち物について

合宿免許に参加をする場合には、忘れてはいけないものもたくさんあります。もしも忘れてしまうと、入校できなくなってしまう書類もあるので、きちんと事前に持ち物のチェックをすることが大事になります。合宿免許に参加をする場合は、予約内容確認書とか入校のしおり、本人確認書、住民票などが必要になります。また、免許証を持っている人は、忘れてしまうと入校できないのが普通なので、絶対に持っていくことが大切です。合宿免許に参加をする場合は、書類関係だけではなく、身の周りの品物も必要になります。たとえば、筆記用具も必要ですし、長そでの上着とか長ズボンも必要になります。シャチハタ以外の印鑑とか銀行のカードなども必要ですし、運転しやすい服装を持っていくことが大事です。おしゃれをしたい気持ちもわかりますが、運転しやすいことを考え、ジーンズなどがおすすめです。そのほかには、常備薬とか健康保険証も必要です。いつ体調を崩してしまうかわかりません。また、学生であれば学生証が必要です。靴も運転しやすいものが必要です。女性もヒールの靴だけでなく、スニーカーを一足もっていれば便利です。パジャマや着替えももっていかないといけませんし、メガネとかコンタクトが必要な人ももっておくことが大事です。運転をするときに前が見にくいととても危険です。洗面用具とか洗濯セットも生活するうえでは必要になるのです。二輪の免許を取る人は、軍手などがあると便利です。