漢方で癒す月経前症候群

月経前症候群におススメの漢方!

月経前症候群 女性特有の病気として知られる月経前症候群(PMS)ですが、この原因というのは実はまだ分かってはいません。

しかしこれを改善するための治療というのはいくつか考案されており、その中でも有効とされているのが漢方による治療です。 というのも漢方には様々な種類がありますから、どの漢方薬が月経前症候群に有効なのか分からないと思われる女性も多いですよね。 そこで今回は月経前症候群の症状に作用する4種類の漢方についてご紹介していきたいと思います。

まずは「温経湯」と呼ばれる漢方です。 こちらは手足のほてり、月経不順、更年期障害、自律神経の働きが異常、冷え性などに働きかける漢方となっています。 また「当帰芍薬散」と呼ばれる漢方は疲労や倦怠感、頭痛、めまい、月経不順、足腰の冷え、貧血などの症状を改善させる働きがあります。

そして「加味逍遥散」は体質が月経前によって虚弱化してしまうことで起こる疲れや肩こり、精神不安定などを改善させる働きがあります。 また「桂枝茯苓丸」は下腹部の痛みやめまい、のぼせ、冷え性などに効果的な漢方して使用されています。 この4種類の漢方が月経とどう作用するのか、それぞれの漢方の特徴と効果について詳しくご説明していきたいと思います。

つらい更年期障害のメカニズム http://www.kampo-view.com/nayami/kounenkishougai01.html

Copyright(c) 2014 漢方で癒す月経前症候群 All Rights Reserved.